March 2016

by

より正確な翻訳

大体の意味は捉える事ができる簡単な英会話ができても、専門用語がたくさん出てくると、ほとんど読めないという人は結構いるのではないでしょうか?専門用語が資料や会話に出てくると、解らない単語のたびにストップしてその訳語を調べてからもう一度読み始めたり、会話を続けたりすることになります。ところが、仕事などの大切なやり取りの中でこそ、専門用語を含んだ英語が多く使われます。遊びやプライベートなメールなどの個人的な用事では英語の意味を間違えても、さほど問題は起きませんが、仕事で使う英語の意味は、正確でなければいけません。かといって、和訳作業に長時間をかける事もできないので、忠実で、且つスピーディーな作業が必要とされてきます。

by

webを使った日本のページのように変換できるサービス

他の国のサイトを、日本語に全ページ変換して、日本のサイトを見るように閲覧できるサービスがあるのを知っていますか?サイトによっては、はじめから、日本語と英語、それ以外のいくつかの言語で言語を変更できるようになっている会社もありますが、そのような機能がない場合は、ウェブサイトのアドレスを入力すれば翻訳してくれるサービスを利用すると、全部日本語に翻訳されたホームページを読む事ができます。文字量にもよりますが、だいたいすぐに訳されたウェブサイトを見る事ができます。機械ですので、言葉が難しい感じがしたり、元々の英語のイメージと少し違う雰囲気になることもありますが、最小限の情報を得るくらいなら十分に事足りると思います。

by

本を使った楽しめる翻訳

イギリスやアメリカの書籍を、一冊通して自力で意味を調べながら読む事は、とても有効な英語の学習になると思います。いきなり、初めて読む本を自分で和訳するのはすごく難しいですし、最後までできずに挫折してしまう場合がありますので、日本で既に日本語訳されている見た事のある本か、反対に、日本語の本の英訳版を、訳してみるのが良いと思います。最初に、日本語の本を一読してから、英語バージョンの本を見て、大体の内容を知った上で、英語バージョンの本を翻訳していくと、英語の慣用句や、ニュアンスの違いを勉強できて、海外の本の楽しみ方が広がります。海外の作者の著書で、お気に入りの書籍がある人は、是非、原作を自分で日本語翻訳してみると、その作品のもっとリアルな世界を感じる事ができるのではないでしょうか。 翻訳の金額は、通常は一文字あたり何円という、文字数に応じた価格設定になっているようです。価格設定は、それぞれの業者によって大きく変わってきますが、一般的には価格に応じて翻訳のクオリティが変わってきます。英語から日本語への日本語訳は、一文字あたり3円から19円までと翻訳会社によって様々です。ただし、最高でも、1文字20円以上は高すぎるので、見積もりの時に、20円を超えた場合は費用の内訳を確認しておきましょう。

by

信頼できる会社のものを選ぼう!

ご家庭でも購入するような液晶モニターや空気清浄機は、人気のあるメーカーが家庭用と業務用で異なります。家で使っているメーカーのものを業務用に購入しても、使えない事が多々あるので、オフィス用として評判の良い信頼できる会社のものを選びましょう。家用の電子機器は、どんな製品でも、全部人気のメーカーは同じです。逆に、仕事用の電子機器は、複合機専門、セキュリティ専門、などと、用途によって信頼性の高い会社が異なる事が特徴です。 いままでに見た事の無いメーカーもあるかもしれませんが、専門知識を持つ人のアドバイスを聞きながら選ぶと、コストの節約になる信頼できる機器が買えるでしょう。

by

最近は、市販のインクジェットプリンタの多機能化が進んでいるので、業務でのFAXを家庭用インクジェットプリンタで使ってしまう人が少なくないです。オフィス用のFAXは、長持ちして、使用するにあたり、印刷や通信のコストがすごく節約できるので、FAXをよく利用する場合は、オフィス用に切り替えた方が良いです。更には、一日に使う枚数が多い人は、インクジェットよりもレーザーの印字が安価ですし、複合機を選択する事で、作業の幅が広がり、仕事の効率化に繋がります。このように、FAX一つを選ぶのでも、仕事によって買う製品を選ぶ必要があります。 はじめの値段が高くても、長年の間にかなりのコスト削減ができるでしょう。

by

時間のロスを抑えます

近年では仕事上でもE-mailでのコミュニケーションが増えてきているようです。電話とは違い、自分の好きな時間帯に連絡ができることや、更に相手も都合の合う時間にE-mailを読むということが可能なことは最大の利点と言えるでしょう。これ以外にもE-mailを多くの人に一斉送信ができることや、送受信したデータが手元に残りますので、伝達のミスを減少させることが可能であるといった点も便利ですね。 そうやってE-mailを利用することで仕事を効率よく実行するうえで、とても役立つでしょう。

by

端末さえあれば仕事が出来る

何年もPCを利用していると、保存データが多くなることでPCの動作が重くなってしまうことがおこるようです。新しくHDDを購入するというのもいいでしょうが、クラウドサービスなどを利用することで、安全で実用的にデータなどを保管することが可能になります。クラウドサービスは多種多様な情報等をインターネットサーバーに保管できるサービスで、これを使うことでPC内のデータの量を少なくすることが可能なだけでなく、タブレットなどからでも同じデータにアクセスができますから、社内でのデータを共有することや、家族などと写真等をシェアすることが出来ます。 無料のものもあるため、一度試してみるのはいかがでしょうか? 最近ネットは大いに進歩しています。従来はデータやソフトウェアは自分自身で管理をするということが普通のことでした。しかしながらクラウドが定着した現代社会では、使用者がパーソナルコンピューターや他の端末とネットの環境を用意をするだけで、様々なインターネット上のサービスを使用することが出来るようになったのです。 またさらに以前行わなければならなかったサーバーのメンテナンスや保全などもする必要はないですので、経費の削減を考慮してクラウドを取り入れるといった会社も増えてきています。クラウドはこれからも大きく進化することでしょう。

by

どこでも作業が可能

ネットのメール管理ツールとは、ひとつのE-mailアドレスを数人で共有して管理することが出来るサービスのことです。これらを活用することにより、個人個人にメールを受け取ることよりも他のユーザーと連携がとりやすい等のメリットも出てくるでしょう。さらにメンバー全員が以前のメールを共有することができますので、情報を伝えることが円滑にできる点もポイントだと言えるでしょう。そういったシステムにはたくさんの種類があるので、目的とする使用法にピッタリのシステムを選ぶことで、順調に利用が出来るよう使っていくことが重要です。