by

webを使った日本のページのように変換できるサービス

他の国のサイトを、日本語に全ページ変換して、日本のサイトを見るように閲覧できるサービスがあるのを知っていますか?サイトによっては、はじめから、日本語と英語、それ以外のいくつかの言語で言語を変更できるようになっている会社もありますが、そのような機能がない場合は、ウェブサイトのアドレスを入力すれば翻訳してくれるサービスを利用すると、全部日本語に翻訳されたホームページを読む事ができます。文字量にもよりますが、だいたいすぐに訳されたウェブサイトを見る事ができます。機械ですので、言葉が難しい感じがしたり、元々の英語のイメージと少し違う雰囲気になることもありますが、最小限の情報を得るくらいなら十分に事足りると思います。

翻訳会社で、和訳をしてもらう前に、最近増えてきているのは、会社の社員ではなく、フリーランスの翻訳者と直接契約を結べる、クラウド式の斡旋会社です。こういう翻訳家を利用する時には、個人情報の管理に用心しましょう。翻訳家が、仲介サイトに身分証明書を提出しているかを確認する事が、ひとつの目安となります。
サイト上でのオーダーは、24時間、365日注文可能です。利便性はとてもあるのですが、複雑な仕事の書類等を日本語訳する時は、多少高くても、信頼性のある翻訳家に依頼する方が、安心かもしれません。プライベートの文書や、個人情報を含まない文書は、単価が低くて、利用しやすい紹介業者での翻訳を利用する等、書面の内容によって、和訳を発注する相手を使い分けると良いでしょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.