by

より正確な翻訳

大体の意味は捉える事ができる簡単な英会話ができても、専門用語がたくさん出てくると、ほとんど読めないという人は結構いるのではないでしょうか?専門用語が資料や会話に出てくると、解らない単語のたびにストップしてその訳語を調べてからもう一度読み始めたり、会話を続けたりすることになります。ところが、仕事などの大切なやり取りの中でこそ、専門用語を含んだ英語が多く使われます。遊びやプライベートなメールなどの個人的な用事では英語の意味を間違えても、さほど問題は起きませんが、仕事で使う英語の意味は、正確でなければいけません。かといって、和訳作業に長時間をかける事もできないので、忠実で、且つスピーディーな作業が必要とされてきます。

翻訳会社で、翻訳のオーダーをする時に、近頃人気があるのは、会社の社員ではなく、個人の翻訳者と直接やり取りする、クラウド式の紹介会社です。こういうサービスを利用する時には、機密情報の取り扱いに気をつけましょう。翻訳者が、仲介サイトに身分証明書を提出しているかを確認する事が、ひとつの目安となります。
クラウドサイトでの依頼は、年中無休で、オーダーできます。利用しやすさはとてもいいのですが、複雑な仕事の書類等を日本語訳する時は、ちょっと高くても、信頼できる翻訳業者に依頼する方が、安心かもしれません。私用の文書や、個人情報を含まない文書は、値段が安くて、利用しやすいフリーランスの翻訳を利用する等、書類の内容によって、和訳を注文する相手を使い分けると良いかもしれません。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.