by

開業してNPOを立ち上げるお手伝いをします

開業には色々な選択肢がいますが、NPOが一例です。そのタイプでの法人の場合は、ベースでは利益を追求しないタイプになります。非営利といった表現が使われる事もあるのです。そのようなタイプの法人としてもするメリットは色々あるのですが、例えば開業資金のメリットです。そもそも独立開業をするのには、資本金が必要になってくるのです。それも少なく無い金額が必要になる場合も多々あります。

ところがNPOとしての企業を行いますと、資本金はゼロ円だとしても問題はありません。
またNPOではなく大体の株式会社などでは、様々な印紙代などが必要になってきます。その代金は数万円程度になるのですが、NPOではそれもゼロ円になるのです。つまり開業資金を抑えられる長所がある訳です。他に税金に関するメリットもあります。

もとより株式会社などでの起業を行うとなると、多くの税金支払いが必要になります。ところがNPOの場合となると、税金の面ではかなり節約できる事が多いです。
そして人によって、会社の経営の際に節税を望んでいます。そんな時には、NPOとして起業するのも一法です。また会社を経営するとなれば、何かと経費がかかるのです。それは上記の節税にも大きく関わってくるのですが、株式会社などの場合は経費として認められるものが少なめなのです。それだけいっぱいの納税額が発生する事になります。しかしNPOの場合は、経費として認められるものが非常に多いです。
つまり絶大な節税効果があるため、多くの人々はNPOとして起業をしている訳です。
NPO法人設立したいあなたへ

また、NPOという形態は、社会的に良く評価されることがあります。基本として公益的な団体であるので、社会的には良いイメージを持たれている場合も多いです。ですからイメージを重視している方々などは、株式会社などではなくNPOとして開業している事も少なくありません。このようにNPOとしての起業には、いろいろなメリットがある訳です。総じて費用面や信用に関わるメリットが多いです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.