by

オーディションで掴む女優の仕事

女優の仕事場の中でも舞台でのお芝居やテレビドラマ、映画作品やビデオ作品などへ出演するための女優オーディションは、女優として生きていくためのバトルです。女優として1度でも名を売ることができれば、その後しばらくはオファーが舞い込んでくると思われますが、実際にはそうでないほうが圧倒的に多いです。必然的に有名女優へのオファーばかり殺到して、そうでない女優は少ないオーディションでチャンスをモノにしていくしかない訳です。ただし、そういう風に考えている女優は枚挙に暇がないほどたくさんいるので、その競争倍率は大変高くなっています。

そのような中で役を勝ち取れるかどうかは、一種の非情さがなければいけません。他の人に役を持っていかれることなく自分が勝ち取るということは、その分自分をアピールしていくということです。そうして配役を決める側に対して非情なほどに自分をアピールをしていけば、チョイスされやすくなるのは間違いないです。女優として大成するということは、それだけ他人に対して嘘をつくことができるということです。

はなから演技をするということは作り事の世界にどれだけ入り込めるかなのですから、あまりにも正直で常識的な人間では逆に通用しないです。そして、当然のことながら演技のテクニックについても地道に勉強していかなければなりません。それは教えられることではないのかもしれませんが、それでもテクニックは必ず必要になってきますから、それを覚えていればオーディションで有利になることは間違いないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *